中級者にステップアップして車をもっと楽しもう!

表示マークの基本知識、どんな意味があるの?

初心者マークなど運転者標識には種類がありますが、あまり知られていないマークもありますので、マークの意味についてご紹介いたします。

初心者マークの正式名称は初心運転者標識であり、免許を取得してから1年間は表示する義務があるのですが、もし違反したら反則金などが課せられます。

高齢運転者標識は、70歳以上のドライバーが運転する際に表示する物ですが、以前は雫のような形で紅葉マークと呼ばれていました。

蝶々マークは聴覚障害者標識であり、条件を満たして運転することが認められた聴覚障害者が表示するのですが、表示しないと反則金が課せられますし、補助ミラーなどの設置が義務付けられていますよ。

クローバーマークは身体障害者標識であり、運転者が障害者の場合に表示するマークですが、同乗しているだけでは貼ることはできないのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。