中級者にステップアップして車をもっと楽しもう!

運転時の目線テクニックとは

車初心者は意識しないとなかなか難しいですが、運転時は広い視野を持つことが大切です。

込み入った道路や住宅街では、道路が狭いので対向車とのすれ違いや歩行者の有無などを確認しながら運転する必要があります。

左右や近くだけでなく、遠くまで目線を向けて情報収集する必要が有り、車や歩行者が飛び出してくる危険性もありますのでミラーの確認も大切ですよ。

右折左折の際は前方の道路もしっかり確認したり、公園の前を通るときも何時でもブレーキが踏める様に、気持ちを引き締めて運転します。

呼称運転は、自分自身でしっかり確認ができますので、運転の訓練には効果的ですし、積極的に取り入れて日々練習しましょう。

一つの動作に集中するのではなく、次の次を見て判断し行動することが大切ですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。