中級者にステップアップして車をもっと楽しもう!

パッシングの使い方をマスターしよう

教習所で運転テクニックを学んでいても、実際の道路で使用するパッシングを習う機会がなかったという方もいるかもしれませんのでご紹介いたします。

対向車に伝えたいことがある場合には、パッシングというライトの機能を活用する人が多いですから、このサインを覚えておくとスムーズに運転することができるのです。

パッシングを行って、相手に「先にどうぞ」と伝えたり、右左折したいときに「先に行かせて」という意味で使う場合もありますよ。

また、高速道路でも使用する機会があり、車線変更の際に譲ってほしいという場合にはパッシングで合図を送るので、相手からパッシングされた場合には道を譲るようにしましょう。

関東と関西でサインが異なる場合がありますので、その地域の知り合いに聞いて確認してみると良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。