中級者にステップアップして車をもっと楽しもう!

長時間運転で疲れないための対策とは

家族や友人とのドライブや遠方へ旅行する際に、車に長時間乗車するということもあるかもしれませんが、長い時間運転していても疲れないような乗り方がありますので紹介いたします。

まず大切なことはハンドルの握り方で、5本の指で強く握ると疲れやすくなってしまいますから、中指から小指までの3本で握り、親指と人指し指を添えるという握り方だと楽に運転できますよ。

車の座席は沈んでいるので、長時間同じ体制で座っていると、腰が疲れやすくなってしまいますから、専用のマットを敷いて運転することにより、仙骨や骨盤、背骨に負担をかけることなく、姿勢の整った状態で運転できます。

あとは電磁波対策も忘れず行い、ぜひ参考にして楽しくドライブしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。