中級者にステップアップして車をもっと楽しもう!

高速道路の乗り方・降り方

免許取りたての方やペーパードライバーの方にとって、高速道路で走るというのは一つの大きな壁では無いでしょうか。
教習所でも高速道路教習は1回しかやりませんし、人によってはシミュレーターでしかやっていない場合もあります。

高速道路に乗る時に一番気をつけたいのが事故も多い合流時点ですが、ここがクリア出来れば後は難しくありません。
本線の合流時点は近づくと車の流れが見れるので、余裕があるならこの時点で道路の混み具合を確認しても良いでしょう。
合流時点が近づいたらアクセルを踏み、できたら80km以上出せるようにしておきます。
そしてサイドミラーで右車線の後続車を確認し、安全が確認できたらウインカーを出して本線に入りましょう。
高速道路を走ってきた後続車の方がスピードが出ているので、合流時に後続車と接近していると感じたら無理に入らず、先に後続車に行ってもらいます。
合流してしまえば後はスピードに気をつけ、集中して走るだけです。

降りる時は目的地のICに近づいてきた事が分かった時点で左車線を走行しておく事だけに気をつけていれば、後は道なりになっているので難しい事はありません。
出口の看板が見えたらウィンカーを出し、徐々に左に寄っていって本線から外れると同時に減速していきましょう。
他の路線との合流だけ注意しておき、料金所を通ればその先はすぐに一般道となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。