中級者にステップアップして車をもっと楽しもう!

中古車を高く売るためのリサーチと準備

何処で売るのかがポイント

中古車を高く売るためのポイントの1つは、どの業者に売るかです。
売値は中古車相場が基準にはなりますが、業者ごとにも異なるためです。
地方や住宅街の近くに店舗を構える業者ではファミリー向けの大型車へのニーズが高くなり、都心部に近い場所ではコンパクトカー、さらに都心ではスポーツカーをはじめ、外車などの高級車へのニーズも高くなります。
買取ニーズが高い業者ほど高値査定が期待できるため、車の種類や用途に応じてより高く買い取ってくれる業者をリサーチするのがおすすめです。
とはいえ、複数の業者から高値が付きそうな業者を探し出し、いちいち見積もりを依頼するのは大変なことです。
ネットの一括見積もりなどを利用して、どの業者がどのくらいの価格を付けてくれるか確認し、絞り込んでいくといいでしょう。

事前の準備がポイント

ご自身の車をより高く評価してくれる業者が絞り込めたら、実際に訪問してもらっての査定を受ける必要があります。
一括見積もりで提示された価格は、あくまでもメーカーや車種、年式や走行距離などの情報を基に業者が提示した価格ですので、実際の状態によって安値になることも高値になることもあります。
基本的な準備として車は洗車をして丁寧に磨いておきましょう。
外装だけでなく内装も綺麗にしたいので、車内のクリーニングも行い、臭いが気になるようであれば、窓を開ける、消臭剤を置くなどしてケアしましょう。 他の方が買いたいと思う状態にしておくことが大切です。

運転中に気をつけるべき事とは?

運転中に事故を起こさないためにも、気をつけるべき点が幾つかありますよ。 運転中は標識を確認しつつ、速度のメーターも適度にチラ見して速度超過しないように気をつけましょう。 住宅街の場合は横から飛び出してくる歩行者や自転車や車がある…

詳細を見る

運転するなら知っておくべき道交法違反とは?

安全に運転するためには道交法に違反しない事が大切ですから、道交法違反になる行為について知っておきましょう。 近年スマホの普及とともに増加傾向にある携帯等ながら運転は、スマホを注視しながら運転すると違反になり厳罰化されているため、懲役や…

詳細を見る

自動車で右折する際に知っておくべきポイントとは?

自動車の運転で右折が苦手だという方は多いかもしれませんが、右折のポイントがありますのでぜひ知っておきましょう。 右折する際には、道路の中央線付近へと車を右寄せつつ前進し、交差点に入る30m前くらいでウィンカーを出しておくのです。 …

詳細を見る

自動車を駐車する際のポイントとは?

車を駐車するのが苦手だという方は多いかもしれませんが、上手に駐車する為のポイントがありますので、ぜひ知っておきましょう。 駐車したい位置に寄せるように近づき、停めたい位置の中央に車を横付けした位置で停止させ、ハンドルを全開で切って、前…

詳細を見る

雪道を運転するためのコツとは?

車で雪国へ旅行に行くなら雪道を運転する事になりますが、雪道運転のコツがありますのでご紹介いたします。 まず大切なのは速度を出しすぎない事ですから、急がつく運転は避けて勢いで運転せず、慎重な運転を心がけると良いでしょう。 特にカー…

詳細を見る

ペーパードライバーが知っておくべき事とは?

ペーパードライバーが運転の上達のために知っておくべきポイントがありますのでご紹介いたします。 普段車に乗り慣れていないと使い方を忘れてしまう事があるかもしれませんが、安全な運転のためには必要ですから、方向指示器やライトの位置、アクセル…

詳細を見る

オートマ車のニュートラル、どうやって使う?

オートマ車はシフトレバーを動かしてギアを切り替えますが、その中でも特にニュートラルは正しく使う事が大切ですよ。 そもそもニュートラルとはギアが噛み合っていない状態であり、ドライブとパーキングの中間の状態だと言えるでしょう。 下り…

詳細を見る

バック駐車のコツについて知っておこう!

車の駐車が苦手だという方も多いかもしれませんが、今回はバックで駐車する方法についてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。 バックでしか駐車できない駐車場の場合、駐車時だけでなく車を移動させる際にもバックさせる必要が…

詳細を見る

運転が下手な人の特徴を知って改善しよう!

運転が下手な人にはある特徴があると言われていますので、当てはまる人はぜひ改善しましょう。 優柔不断な性格の人は、車を運転している時になかなか判断ができなかったり、危険な運転になる可能性も考えられますので注意しましょう。 運動神経…

詳細を見る

運転中の正しい姿勢とは?

安全かつ快適に運転したいのであれば、正しい運転姿勢について理解しておきましょう。 まずは、自分自身の足の長さに合わせてシートを前後にスライドさせて位置の調節を行い、座ってブレーキを奥まで踏み込む時に膝が伸びきらない位置であり、シートと…

詳細を見る